南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょうたん湖攻略法
2008年12月31日 (水) | 編集 |
この十数年、正月の2日(たまに3日)岐阜県中津川市の「ひょうたん湖」へ初釣りに欠かさず通っています。
釣りをしない方に解説、ひょうたん湖とは『管理釣り場』と言って、農業用ため池に、ニジマス、イワナ、ブラウントラウト などの魚を放流している ルアー/フライ専用の釣り場です。
周囲2Km、最深部12mの国内最大級の『管理釣り場』で、ロケーションの良さと、魚のコンディションは最高ですが、何しろ渋くて入場料が1日3,200円かかるのに、下手をすると1匹も釣れない(ボーズと言う)事もたまにあります。

・・・・ と言う訳で、普通に行ったら撃沈必至ですので、あらゆる準備をして臨みます。

特訓中

中でも魚をいかに上手に誘うかの技術が大切で、訓練が欠かせません
猫のクーちゃんを相手に竿さばきの特訓中の「マーちゃ」
日頃のこういう努力が当日の釣果を伸ばします。


それでは、今回の秘密兵器のご紹介です ・・・・


ゲームボーイ魚探

ゲームボーイの魚群探知機(青い部分/横の黄色い部分がセンサー部)です。
ネットオークションで購入した物で、バカみたいに安かったのはイイんだけど、チョット信頼性が ・・・・
デモ、釣れなくて退屈な時のための ゲームも内蔵 した優れものです。


遊固ウキ

7m  ルースニングシステム
以前ある方と話していたら、釣研と言うメーカに『遊固ウキ』と言う物があると聞き、早速購入しようとしましたがすでに発売中止となっていましたので、社員の方にメールで、構造の特徴を教えていただき私なりに工夫してみました。
発砲スチールのボールに、修理用の釣り竿のトップを差し込んだもの
初めはウキが固定していますが、魚がかかるとウキは遊動状態になります。
どうでしょうかケッコウ優れものだと思いませんか(自画自賛)

欠点は、マーカー下が長いので、キャスティングが ヘロヘロ になっちまうことかな


ちょこたんEX

ちょこたんEX
これも、つい先日ある方に教えていただきました
ネーミングに ついついライズ してしまいました
ルアー用の毛鉤ですが、常にキールスタイルで、ボトムバンピング
私がニジマスならイッペンに食いついてしまいます


てんとう虫ルアー

てんとう虫ルアー
以前、北海道の<馬の助さん>から購入した優れもの(たぶん)で、超気に入っていますが、フライ釣りのけばりは使う場面がなく、気に入った方に配ってばかりでしたが、今回は使ってみようかな。
スローシンキングで、軽いので、フライでキャスティングも可能かな !


アイスジグ

アイスジグ
直下に沈めて竿先をあおるだけでトリッキーな動き(フェギアエイト)をします
コレを底の辺りでチョイチョイで釣れそ~~♪


どうでしょうか、これだけ秘密兵器をそろえたら、爆釣間違い無しでしょう
エッ  道具に頼りすぎ ?
そういうツッコミはご遠慮下さい

行くのは2日になりそうですが、結局ボートは今まで使った事がありませんので、桟橋になりそうですので、桟橋で怪しい動きをしている2人組がいたら「けばり」と「マーちゃ」だと思ってお声をかけて下さい。

ひょうたん湖のお友達 <ブラウンなトラウト> さん、けばりの戦略いかがでしょうか ?

アッもうじき新年だ !
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/01(Thu) 01:16 |   |  #[ 編集]
Re: 飛島さん !
ありがとうございました。
へたくそはひょうたん湖では苦労します。
2009/01/01(Thu) 10:20 | URL  | けばり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。