南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山の彼方の楽園 2日目
2010年08月06日 (金) | 編集 |
北1

昨夜は、5:30 に夕食を戴いて、また、ビールを戴き、
8:00 頃には就寝しました。

朝食は、4:30 と 5:30 の2回に分かれていて、
特に忙しい予定もない私たちは、後に戴き、
お弁当もお願い致しました。

山の中のバス停の乗車時間は 9:15 発車ですので、
来る時に掛かった時間 (登りで、3時間チョット) を考慮して、
6:00 頃出発致しました。

林道は、上るか、下るか、僅かな違いだけ だけど、
辛さは全然違うね、帰りはホント順調に歩けました。


写真のみアップしました  08/06
記事をアップしました  08/10

【 続きを読む ・・・・ 】


北5

約2時間 8時チョット過ぎには、山のバス停に着きました、
バスが来るまで約1時間、お隣の川で、チョット釣りをしましょうか。

着替えて釣りを始めたのが、8:30 くらい、準備の時間も考え、
釣りの出来る時間は、15~20分位だ。


北2

北3

日陰で、低水温、本当に釣れるとは思わなかったけど、
カワイイのが2匹釣れました。


北4

もう1度バス停に戻って、バスを待ちます。
山のバス停は、のどかだねぇ ~


北7

最初の峠まで戻って、荷物を山小屋に預け、
バスで来た道を途中まで、戻ります。


北6

チョット余裕をかませて、花の写真など撮ったりして、
のんびり歩きましょう。

元のバス停までの、2/3 位の行程で、
川に降りるポイントがありました。


北8

川に降りて、釣り始めると、早速下流から釣り人が来ます、
魚は釣れますが、ニッコウが悪いという訳ではないけど、
全てがニッコウ系で、しかも幼児虐待状態。


北9

おぉ、カワイイイチゴがなっている、
食べてみたら、酸っぱいだけだ。


北10

20cm に満たないサイズばかりです。


北11

これ、全部イチゴ ・・・・


北16

北13

北14

北18

数は釣れますが、お子様ばかり、
「君たちじゃぁ無いよ、お父さんかお母さんを呼んできて。」


北15

この堰堤の下では、餌釣りさん親子が、
まぁまぁのサイズを釣っていました。
やはり、腕ですかねぇ ~

お話をしていたら、「お先にどうぞ。」だって、
ラッキー !!  親切な方でした。


北17

この堰堤では、何匹ものイワナがライズしていましたが、
こう言うシュチェーションでは、
ヘタッピーの私は手も足も出ません。


北12

北19

各堰堤は、左岸で簡単に捲けます。

ふーーー  お子様相手だったけど楽しかった。


実は、今度の釣行に合わせて、ハンディーGPSを買いました。

未だ、良く使い方が分かっていませんが、
初めての渓で、自分の位置が分かるというのは、
計り知れないアドバンテージだと感じました。


北20

北21

帰りのバスでの風景、バスは登り1時間、下り40分くらいかな、
昔私が高校生の時は、下に見える T川沿いに、
徒歩で 6時間かけて峠まで行き、その日の内に K岳に登り、
次の日、S岳に登って、また徒歩で麓に帰りました。

それを考えると、今はお手軽になり、気楽に山に入れ、
その恩恵を受けておりながら、どうも率直に、
良い事だなぁとは、思う事が出来ません。

難しいですね。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
↑↓  ブログランキングに参加しています、
↑↓  1日1回クリックして戴けると嬉しいです (けばり)



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/08(Sun) 20:03 |   |  #[ 編集]
OOさん !
その件、承知しています。
本文に書いた通りです。
2010/08/09(Mon) 11:57 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
毎度~
実は、このバス+山小屋orロッジの釣行、7月の3連休に誘われていたんですよ(仕事の関係で行けませんでしたが・・)
噂どおり‘天国‘なのですね
でも、コチラからだとバス乗り場までメチャメチャ遠いんです
お金と時間に余裕が有れば・・ 行ってみたい!
2010/08/11(Wed) 00:23 | URL  | 飛島 #a2H6GHBU[ 編集]
山小屋泊で良い釣りをされた様でうらやましい限りです。

ここはアソコデスネ・・・(笑)
うわさどおりのパラダイスなのですね。
ボクもテント泊、登山も絡めて1年計画で来年あたりに計画しようかな。
2010/08/11(Wed) 15:11 | URL  | いわなたろう #-[ 編集]
“山の彼方の楽園”良いフレーズだなあ~♪
私もノンビリと山小屋釣行してみたいなあ~♪♪
素敵な夏休みを過されましたね。
2010/08/11(Wed) 20:04 | URL  | たったん #-[ 編集]
飛島さん !
そうですねぇ ~
バスも両方の往復で、確か ¥3,500円前後、1泊2食、お弁当付きで、¥8,000円 位でした。
飛島さんの所からは遠いですね。
2010/08/11(Wed) 22:12 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
いわなたろうさん !
そうです、ここは アソコデス。
小屋の横がテントサイトでした。
途中、小S沢からS岳に登ると言う方達がいました。
2010/08/11(Wed) 22:34 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
たったんさん !
魚影は文句なく濃いのですが、
結構すれている感じでした。

でも、まぁ 文句なく楽園でしたが、
この頃ライバルが結構多いようです。
2010/08/11(Wed) 22:40 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
山小屋の朝は早いんですね(汗
けばりさん、高校時代に歩きでそちら方面に行かれたんですか?
2010/08/12(Thu) 14:10 | URL  | まーちゃ #XVgCdbeE[ 編集]
まーちゃさん !
そーーですよ。
当時、けばりは飯田工業高校2年生、初日TDからTD川を歩いて、
K峠について、その足で、K岳へ登り、K峠でキャンプファイヤー、
その時、弥生が丘の2年生も来ていて、私が使者で
合同キャンプファイヤーを申し込んで、実現して、
その夜をに、何組かのカップルが出来ました。
次の日は、S岳に登って、また、TD川沿いに下りましたが、
結構凄い日程ですね。
それよりも、ほぼ同じ様なコースを、弥生が丘の女の子たちが、
歩いていたのは、今考えると感心してしまいます。
2010/08/12(Thu) 23:54 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。