南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けばり家からの眺め  南アルプス一望
2011年03月10日 (木) | 編集 |
南アルプス1

けばり家からは、南アルプスが一望できます。
北側から、仙丈ヶ岳、北岳、中白根山、間ノ岳、西農鳥岳、農鳥岳、
と、豪華に 3,000m 級の お山が 6峰も 並んでいます。

以下、山の紹介は、自分の記憶と、地図を照らし合わせましたので、
大きな違いは無いと思いますが、チョット自信がありません。
(3,000m以上の山のみ、標高を表示します。)

詳しい方、間違えていたら、ご指摘下さい。


【 続きを読む ・・・・ 】


南アルプス2

中央が「仙丈ヶ岳;3,033m」で、その左のゴツゴツが「鋸岳」です。
その中間に、「甲斐駒岳」がありますが、飯田市の方向から見ると、
「仙丈ヶ岳」の陰になってしまっています。


南アルプス3

「北岳;3,192m」「中白根山;3,055m」「間ノ岳;3,189m」
「西農鳥岳;3,051m」「農鳥岳;3,026m」の 5峰 が続きます。

左端の丸い感じの山が、日本で2番目に高い「北岳」、
次の台形の山の、左が「中白根山」、右が「間ノ岳」、
左端の、高い方が「西農鳥岳」一番左が「農鳥岳」で、
「間ノ岳」は日本で4番目に高い山ですね。

白根三山と云うのは、「北岳」「間ノ岳」「農鳥岳」を
云うようです。


南アルプス7

「中白根山」の頂上左側から、「間ノ岳」の頂上右側までの間は、
3,000m 以上の区間が日本で一番長く、約2.5km 続きます。


南アルプス4

白根三山の南(右側)の とんがった山は「塩見岳;3,047m」です。


南アルプス5

「塩見岳」の南は、「小河内岳」「三伏山」「烏帽子岳」などが
連なっているようですが、どれがどの山か良く分かりません。


南アルプス6

「塩見岳」アーーップ 写真、
特徴があるから、分かりやすい山です。


南アルプス8

左端に、東西に並んでいるので、飯田市からは一塊に見える山が、
「前岳;3,068m」「中岳;3,083m」「悪沢岳(東岳);3,141m」の
「荒川三山」だと思います。

中央付近の台形の山が、「小赤石岳」「赤石岳」

その右が、「大沢岳」で、
そのまた右で、少しとんがっているのが、「兎岳」「聖岳」

右端が、「上河内岳」かなぁ ~


南アルプス9

左が「小赤石岳;3,081m」、右が「赤石岳;3,120m」です。


南アルプス10

奥のとんがっているのが「聖岳;3,013m」で間違い無いと思います。
その手前に「兎岳」が見えるはずですが、
多分、重なって見えるくらいの位置ですので、
手前の白い部分でしょうか。


南アルプス11

この山の辺りが、「上河内岳」「茶臼岳」だと思いますが、
少し怪しいなぁ ~


南アルプス12

一番右に、多分「光(てかり)岳」でしょうか、
もう、この辺は、チョーー適当。

以上、けばり家から見える、
南アルプスの山々のご紹介でした。

この山の景色は、けばり家の宝物かな。


南アルプス13

おっっと、トンビが ・・・・
うぅーーん、ピントが合わない(汗)

テーマ:信州
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
けばりさんちから見える仙丈と自分ちから見える仙丈はずいぶん見え方が違いますね。まーちゃ家から仙丈はほぼ真東に見えます。これがまた裏(山梨側)から見ると全然違うんでしょうね!?
2011/03/12(Sat) 10:21 | URL  | まーちゃ #-[ 編集]
いわなたろうさん !
ごめんなさーーい !!
変なコメントを削除しようとして、
間違えていわなたろうさんのコメントも
削除してしまいました(泣)

ドジなけばりをお許し下さい。
2011/03/12(Sat) 15:19 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
まーちゃさん !
飯田市は、正面付近が、
赤石から、聖岳ですから、
仙丈は北の方の端っこに見えている
感じですので、大分角度が違いますね。
2011/03/12(Sat) 15:27 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。