南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第21回先輩と語る会
2011年12月06日 (火) | 編集 |
語る1

12月04日(日) 地元の公民館で、壮年団主催の
『第21回先輩と語る会』 が開催された。

年に1度、75歳以上の人生の先輩をお招きして、
昔のお話をお聞きしたり、一緒にお食事を致します。

大勢の会ですので、今回は顔のお絵かきをお休みします。

【 続きを読む ・・・・ 】


語る2

今日は雲一つ無い晴天で、南アルプスの山々がキレイです。

雨など降ると、足下が大変ですが、今日はポカポカ陽気で、
最高のお出かけ日和ですね。


語る3

語る4

テープやちり紙のお花を作りますが、みんな慣れない作業で、
気持ちばかり焦りますが、ちっともうまく出来ない。


語る5

語る7

こちらでは、今回唯一のお料理の豚汁を作っています。

いつもは、調理名人の料理長の元で、
ケッコウ凝ったお料理を作りますが、
今回は、その大事な料理長を怒らせてしまい、
仕方が無いので、唯一豚汁のみ自分たちで作ります。

普段、木を削ったり、金属を折り曲げたり、
ペンキを塗っている手に、包丁を持って四苦八苦。

準備しているより、つまみ喰いしたり、
お酒を呑む方が忙しいかも ・・・・


語る6

語る8

分量が分からず、こぼれそうな量です。

このお二人、頭の具合を見て兄弟と勘違いしないで下さい、
ご近所同士ですが、ここは昔から放射能が影響しているのかなぁ ~


語る9

語る30

午前11時30分受け付け開始で、12時00分開始の予定ですが、
11時30分には、殆どの先輩方がお集まり下さったので、
集まりが良すぎで、準備が間に合わず、少し焦ってしまいます。

メンバーに庭師の方がいらっしゃって、南天を飾ってくれた、
季節感一杯でキレイです。


語る10

語る11

語る12

宴会が始まると、早速本日最初のキレイどころが登場、
 おばさん達   キレイなお姉ぃさん方 のフラダンスが始まります、
 ジイさん達  先輩方 はコーフンしておひねりを投げていた。

ムード満点で、ステキなダンスです。


語る13

語る14

語る15

和気あいあいですねぇ、「お前どこの息子だ ?」とか、
欠席された方の安否を尋ねられたり、私の娘の話題が出たり。


語る16

語る17

 おばさん達   キレイなお姉ぃさん方 衣装を換えて2曲目です、

なんか ・・・・  (汗) 
見苦しいヤツが混ざっていますが、無視して鑑賞します。


語る18

お姉ぃさん方 どうもありがとうございます、
あえて年の話は致しませんが、お若くてとってもステキでした。


語る19

地区の役員さんもゲストでお越し下さいました。


語る20

語る21

さぁ、次は当地区の スーパースター
綾小路 ぼくまろ さん の登場です。

この日のために1万円も掛けて、衣装にお名前を刺繍したようです、
帯がユニークで、お似合いですね。

「無法松の一生」の大熱唱です、
カラオケ担当が、
DVDを探すのが大変だったとぼやいていました。


語る22

語る23

次は、綾小路ぼくまろ さんが、紙芝居屋さん に変身して、
龍馬伝 寺田屋の変 の開演です。

【あらすじ】
慶応2年(1866) 1月24日夜半、薩長同盟の締結した翌々日に薩摩藩士を装い宿泊していた龍馬と長州藩士三吉慎蔵らを捕らえようと、数十人の伏見奉行配下の捕り方が寺田屋を急襲しました。
異変にいち早く気づいた婚約者のお龍は、入浴中にも関われず 素っ裸に近い状態のままで裏階段より龍馬たちに急を知らせ 、龍馬は所持したピストルを利用して多数の捕り方相手に大乱闘となり、手傷を負いながら も屋根づたいに逃げ、川端の材木屋に隠れ難を逃れた様です。



語る24

二階では、龍馬と三吉慎蔵が、薩長同盟の締結を祝って
遅くまで呑んでいます。
その時既に階下では、伏見奉行配下の捕り方が迫ってきました。
異変に気づいた婚約者のお龍さんは、入浴中にも関われず、
素っ裸に近い状態のままで、龍馬達に急を知らせるため、
裏階段を駆け上がったのです。

良い感じの絵ですねぇ ~
この絵は、ぼくまろさんのご近所にお住まいの 元校長先生 が、
描いて下さった様で、味があって、教養が滲み出ていますね。


語る25

番頭さんがビックリした様に赤い顔をして、転んでいます。
何でビックリしたのでしょうか ???


語る26

裏階段は、簡単なハシゴの様な階段ですので、番頭さんには、
裸で駈上って行くお龍さんの姿がこんな感じで見えました。

このシーンだけは、元校長先生にどんなにお願いしても、
描いてくれなかったので、ぼくまろさんが自分で描いた様です。



語る27

どうも、 あの最後の絵を出すためだけの紙芝居だった 様で、
元校長先生の名誉のため、紙芝居の道具は全部壊します。

はぁぁ ーー  面白かった ・・・・  大ウケだねぇ ~


語る28

語る29

料理長不在のため、お料理は少し寂しかったかも知れませんが、
この後ビンゴゲームもあり、それなりに楽しんで戴けたようで、
壮年団のメンバーもほっと致しました。


語る31

先輩の皆さん、いつまでもお元気で、
来年もお会い致しましょう ・・・・・


テーマ:南信州
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。