南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
闇の先にある光
2009年05月14日 (木) | 編集 |
K7

05/09  釣友のフミちゃんと、あの『勃起(ボキッ)』の渓へ。

連休後半から雨が降り続いていたので、
今週の釣りはあきらめていましたが、
急遽、「小さい川なら大丈夫かも。」と出掛けました。

写真のみアップです  05/14
記事をアップしました  05/16

【続きを読む ・・・・ 】


Y1

前回は、そこそこ楽しめたのに、
まるで別の渓に来たみたいで、全くの無反応、
あの「ボキッ」の堰堤まで、二人ともオデコです。


Y2

堰堤の上は 「天国かも。」 と期待していたのですが、
その期待にも裏切られてしまいました。


Y4

あの日の釣果は何だったんでしょうか。
連休中誰かにに、釣られ切ってしまったのかなぁ ???


Y3

上流はだんだん渓相が良くなってきますが、
全く魚の気配がありません。


Y5

大した堰堤ではありませんが、釣れていないと
越すのが苦痛です。


Y6

釣れないなぁ ~~


Y7

ここら当たりで「プッツン」しました。
フミちゃん、高校生1匹と、保育園年少さん1匹。
けばり、中学校2年生1匹のみ。
別の渓に移動します。


Y8

変わった石がありました。
トカゲか何かの鱗みたい。


K5

次の渓、下流域は結構実績がありますが、雰囲気が ・・・・
上流はかなり以前に撃沈したいやな思い出があります。

このトンネルも、崖崩れでここまで車が入れません。
鹿さんや、タヌキさんのためのトンネルです。



K6

結構雰囲気があります。
闇の先にある光を見ると、この先には、
なにか、良いことがありそうな気がしてきます。


K8

何かを暗示している様な風景です。


K1

トンネルを抜けると気持ちのイイ空が広がっています。

おっ !!  タラの芽があるぞ、
チョット時期が遅いけど、まぁ何とか食べられそう。


K2

こっちの渓は、水量も豊富で、最高の渓相です


K3

う ~~ ん、「釣れない。」
・・・・ と言うより、川に全く魚影が見られません。


K4

ホント、渓相は最高なんですが。
結局こちらの渓では、2人そろって討ち死にでした。


K9

はぁぁ ~~  イヤになったので、スゴスゴ帰ります。
それにしても良い天気です。



テーマ:フライフィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
難しい
毎度です
1週間・・・
渓(川)は1週間でがらりと変わってしまうことって有りますよね
しかも、間にGWを挟んでいるなら尚更
つい、良く釣れた前のパターンを踏襲してしまい あと、10cm岩よりに流せば釣れたのに、サイズやカラーを変えれば出たのに・・なんて事になりがち
難しいですね
2009/05/15(Fri) 20:50 | URL  | 飛島 #a2H6GHBU[ 編集]
飛島さん !
釣れなくても、普通は魚の気配がしますが、
まるで、死の川という感じでした。
2009/05/17(Sun) 01:13 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。