南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分蜂群 捕獲 3っつ目だよ ~
2014年05月24日 (土) | 編集 |
栗の木3

5月19日(月) 前日の日曜日に、2つ目の分蜂を捕獲して、「日曜ごとに分蜂してくれて、家の蜂達は良い子だねぇ~。」とほめたばかりなのに、昼休みにノブノブさんから電話が入った。
「お父さん大変、いつもの分蜂捕獲板と、去年と同じ栗の木と、2つも同時に分蜂しちゃった。」

そうは言っても、午後一から来客があったり忙しくて、分蜂を捕りになんて帰っていられない。
仕方が無いので、栗の木の方は高い所で手が届かないので諦めて、分蜂捕獲板のヤツだけ捕ろう。
分蜂した蜂球に霧を吹きかけると、羽が濡れて逃げないと聞いていたので、ノブノブさんに、分蜂捕獲板の群に霧吹きで水を掛けて貰う様お願いした。


【 続きを読む ・・・・ 】


ところが、ところが、結局手が届いて霧を掛けていた方の分蜂群が逃げてしまい、定時で会社を飛び出して駆けつけたら、栗の木の方の分蜂群が残っていた。


栗の木1

高いですねぇ~
脚立の遙か上、細い枝が下に向いている辺りの枝分かれした所です。

昨年もこの木に分蜂群が留まりましたが、もう少し元の低い所で、辛うじてゴミ箱に落として捕獲出来た。
今年の場所では完全に手は届かない。


栗の木2

おぉ !! 
結構デカイ分蜂群だ、絶対捕まえたい。

結局、捕虫網の内側にビニールのゴミ袋を仕込んで、搔き取る様にして取り込んだが、1/4位残ってしまい、そちらの方に女王蜂がいた様で、最終的には、せっかく巣箱に入った3/4位の蜂も元の栗の木の方に戻ってしまった。
もうその時間だと、どこかに行ってしまう恐れは無いので、仕方が無いので、翌朝早く起きて再挑戦する事にした。

あまりの大変な作業で、写真を撮る心の余裕が無く、全然写真が無い。


栗の木5

翌朝の作業で、無事捕獲できたようだ。


栗の木4

会社に出掛ける頃には、蜂達も落ち着いて来て出入りしている。
これで、分蜂を3群捕まえた事になる、初心者としては上出来だ(嬉)



ブログランキングに参加致しております
1日に1回下記のバナーをクリックして戴けると嬉しいです


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ






テーマ:南信州伊那谷
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。