南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
干し芋作ったぞ ~~
2015年03月10日 (火) | 編集 |
干し芋1

2月28日(土) ノブノブさんに命ぜられて干し芋を作った。

少し前、ノブノブさんのお友達が、 「干し芋をたくさん欲しいので売って下さい。」 と言ってきた様で、言って下さった方のお気持ちは良く判りますが、あくまでも 「売る」 という事に抵抗感がある私は、つい 「売るんだったら手伝わん。」 と宣言してしまった。
そうしたらノブノブさんは、 「どうぞどうぞ、マーちゃに頼むから。」 と、いとも簡単に承諾してくれた。

そうアッサリ言われちゃうと、 「イヤ~~ やっかいな仕事をせずに済む」 と言う気持ちと、 「少しハシゴを外された」 感がムクムク湧いてくるから不思議です (笑)


【 続きを読む ・・・・ 】


・・・・・・ で、2~3日前になって、結局当日はマーちゃはお仕事で休日出勤でお手伝い出来なくなったら、当然の様に 「おとうさん、干し芋作りは28日にやるから。」 と命ぜられた。
チョット 「あれぇ ~ 前に言ってた事は ???」 とは思いましたが、長年の経験から、ここで逆らうと大変な事になりますので、TK家の平和のために 「了解 !!」 とだけ言っておいた。


干し芋2

いつもは我が家のお庭でやりますが、今回はノブノブさんの実家で場所と道具をお借りして始めました。
いつも地べたに直接カマドを置いて火炊きをしたので、火が燃えるまで結構苦労しましたが、今回はいきなり調子良く燃えだした。

おぉ !!  良い感じだねぇ ~


干し芋4

さつまいもは、寒さに弱く少しでも寒気に触れるとあっという間に腐ってしまいますが、ノブノブさんの実家の 「室(ムロ)」 に入れて貰って無事冬越しをした。
少し寒さにやられたのもあったが、今年は残存率が良く良い芋が残った。


干し芋3

かんな感じでやりました。
すぐ隣に、芋洗いが出来る流しがあって、非常に作業がはかどります。


干し芋5

茹であがった芋は、水で冷やしながら皮をむきます。

白い芋は 「タマユタカ」 大きな芋になり収穫量が多く、茹でただけではあまり美味しくありませんが干し芋にすると、甘みが増します。干し芋生産量日本一の茨城県では、殆どがこのタマユタカの様です。
黄色い芋は 「ベニマサリ」 他の品種より姿食味が勝っている所から命名した様で、「ベニアズマ」 とか、 「ベニハルカ」 の改良種かと思いましたが、どうも関係ないようです。


干し芋7

お芋のカットは、ノブノブさんの妹の KZ子さん に手伝って戴いた。

KZ子さんの逞しい後ろ姿をご覧下さい、ズボンが片方めくれ上がっていても全然気にしていません (笑)
その、  雑な  大胆な 性格で、どんどん処理してくれるので、作業がはかどります。


干し芋10

ぶ厚く、大胆にカットします。


干し芋8

ゴミ出し前で、TK家はゴミ屋敷だねぇ ~


干し芋6

こんな感じで、干し網の中に並べます。


干し芋11

干し芋1

干し網で、8個と半出来ました。
けばり家の干し芋、美味しいよ ~~



ブログランキングに参加致しております
1日に1回下記のバナーをクリックして戴けると嬉しいです


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ




テーマ:ご当地名物
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
おぉ~立派な鍋があるんですね!
あまり芋の類は食べない私ですが(胸焼けするような気がして・・・)なんだか食べたくなっちゃいました

我家では「芋干」って言いますが・・・どうしてなんでしょうかね・・・?
2015/03/11(Wed) 19:05 | URL  | タッキー #-[ 編集]
タッキーさん !
我が家でも「イモボシ」と言っていますが、私のブログ、あまり方言を使っていません。

こちらの地方は方言の宝庫ですので、方言を使ったブログにしたいのですが、もうちょっと先になりそうです。
2015/03/15(Sun) 01:05 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。