南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みつばちさんゴメンナサイ ( ^o^)ノ
2015年10月28日 (水) | 編集 |
日本みつばち採蜜5

10月25日(日) 日本みつばちの採蜜をやった。

日本みつばちを飼っていて、採蜜作業は1年間の総仕上げ、まさにクライマックスと言った所でありますが、その作業が結構大変で、実施日が近づくにつれて、悩んでしまって半分鬱状態になっていました (笑)

今日は、ノブノブさんの弟の Uジ君 に手伝って戴いて、蜜を採集致します。
手前に写っているのは、ハチミツの詰まった巣を切り出すスイカ切り包丁ですが、デカくて便利だねぇ ~~



【 続きを読む ・・・・ 】


日本みつばちは、ハチミツを集める能力が小さくて、採取出来るのは1年に1回だけ、その時の状況によっては2年に1回と言う場合もあります。
時期的には、この時期が越冬用にいちばんハチミツが集まっていて、しかもこの時期になると巣の下段で行う子育てもほぼ終了していて採蜜には良いタイミングと言えます。


日本みつばち採蜜1

毎年、採蜜の作業が結構大変なので、今年は飼っている5群の内2群のみ採蜜することにした。
昨年は作業中に少し手違いがあり、他の群のみつばちが大量に蜜をなめに来て、元の群のみつばちと至る所で、ケンカになってしまったので、万が一を考えてメッシュ付きのタープを用意した。



日本みつばち採蜜2

毎年の作業ですが、一切の記録が無い(記録を作る余裕が無い)ので、結構手順を間違えたり失敗したり、やる事が らんごく(乱雑 ?) です。

奥に見える木の箱がみつばちの入った巣箱と、ハチミツを採集した後みつばちが移る新居の巣箱です。


日本みつばち採蜜3

採蜜は新居の上部蓋を外して、その上にみつばちの入った今までの巣箱の底板を外して乗せて連結致します。
連結したら、新居(空の巣箱)の方を斜め上にして作業を開始致します。
この回は、新居の巣箱と元のみつばちが入った巣箱の大きさが違って連結に苦労した。

この状態で、ハチミツの詰まった巣は、一番下になりますので、金槌で底の板(元の天井)や底に使い側面をガンガン叩くとみつばち達は、斜め上の空箱の方にゾロゾロと避難して行き、大部分は箱のつなぎ目付近で固まっています。


日本みつばち採蜜4

十分みつばち達を上の方に追いやってから、底の板(元の天井)を外すとこんな感じでハチミツの詰まった巣が顔を出した。


日本みつばち採蜜6

断面から結構な量のハチミツが流れ出してきて、みつばち達が臭いに釣られてこちら側に出てきてしまうのでドライヤーの冷風でみつばち達を奥に追いやりながら作業をします。


日本みつばち採蜜7

写真係のマーちゃ、カメラのストラップが写っています。


日本みつばち採蜜8

この巣箱は少し小さいので、採集した巣もそんなに大きくありません。
白く蓋の掛かった部分は品質の良いハチミツが入っていて、先端(元の状態で下)の部分の蓋が閉まっていない所は幼虫や卵が残っていたり、ハチミツの糖度が低かったりしますので、大胆に切り落とします。


日本みつばち採蜜9

今年のみつばち達は、結構おとなしくてよい子達ですね (嬉)


日本みつばち採蜜10

鬱病になりそうな程気に病んでいた作業でしたが、今年は思いの外順調で、予定していた2群の採蜜を終了出来た。

この後、残ったみつばち達を新居の巣箱に移す作業をしたが、写真係がどっかに行ってしまって、写真が無い。
実は、この作業が一番難しくて、いつも失敗して蜂が大騒ぎになってしまいますが、今年はチョットの失敗だけで意外とスムーズに移す事が出来た。


日本みつばち採蜜11

後は、片付けと、手に持った砂糖水を新居のみつばち達にあげて、ようやくほぼ作業がおわった。
この格好、みつばちに限らず蜂は黒い物に対して攻撃的になりますので、塗装屋さん用の白い使い捨てつなぎを着ます。
昔、パナソニックなんとかと言う白い衣装を着た方達を思い出しますね (汗)

みつばち達にとっては、1年間築いてきた巣を壊されて、苦労して集めた高価なハチミツを奪われて、代わりにくれた安物の砂糖水をなめながら、新しい巣を作らなければなりません。
ちなみに売ったとして、日本みつばちのハチミツは、220CCで 2,500円、1Lで 10,000円、1升で 20,000円 前後が相場だと思います。
それに対して砂糖水は、3L の水に、上白糖3kg、三温糖1kgで、約4Lくらい作れますが、砂糖1Kgは200円程度ですので、費用は4Lで800円 前後でしょうか。

値段比較で、
日本みつばちのハチミツ 1L 10,000円
砂糖水 1L 200円
(西洋みつばちのハチミツはそんなに高くはありません)

うぅーーむ
私って ・・・・・・
本当に酷いヤツですね




ブログランキングに参加致しております
1日に1回下記のバナーをクリックして戴けると嬉しいです


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ





テーマ:南信州
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメント
 ハチミツってこうやって搾取するんですね。
 ミツバチの植民地!
 これ最高です。
 勉強になりました。
 冗談はさておき、蜂の飼育を誠実に行えば、蜂さんは美味しい蜜をプレゼントしてくれるんですね。
 素晴らしい!
2015/10/30(Fri) 16:54 | URL  | jetpapa #-[ 編集]
jetpapaさん !
昔から飼っている人の中には、2年間飼って採蜜の時は煙幕ではちを全部殺してしまう方も居ます。
近頃は、輪切りした箱を積み重ねる、重箱方式で飼う方が多くなりましたが、採蜜が簡単であると言う長所がありますが、箱の継ぎ目を嫌って巣の成長が遅い傾向がある様に思えます。
まぁ ~  結構色々なやり方だあります。
2015/11/01(Sun) 22:22 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。