南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜜ロウを採った
2016年05月11日 (水) | 編集 |
蜜蝋13

みつばちの巣から蜜ロウが採れる事は知っていたが、今までは全部捨てていた。
今年は分蜂を控えて、待ち受け箱を用意するにあたって、蜜ロウを採った後の液を待ち受け箱の内側に塗ると良いと聞き、面倒くさいけど仕方が無いので、やってみた。



【 続きを読む ・・・・ 】


蜜蝋1

こんな感じで蜜を絞った後の巣があります。


蜜蝋2

ロウでベタベタになる事は分かっていますので、今まで色々な用途で使っていた鍋を蜜ロウ採集専用鍋にした。
焼き肉用のプロパンボンベがガス欠だったので。キャンプ用のコンロでやってみました。


蜜蝋4

こんな感じで、結構グロいですねぇ ~~


蜜蝋3

ウヰスキーの水割りなんぞを戴きながら、マッタリと作業します (笑)


蜜蝋5

だいぶ溶けてきた。
結構ゴミが多いね。


蜜蝋6

バケツと、ゴミ漉し用の網を用意して ・・・・・


蜜蝋8

溶けたロウで、網がゴワゴワですね。


蜜蝋7

残った液は、上部が油の様な感じで、キレイです。


蜜蝋10

少し放置していたら、思いの外早く固まりました。


蜜蝋11

採集した蜜ロウは、表面はキレイですが、裏がベチャベチャです。


蜜蝋13

表面は何かのお菓子の様な感じです。


蜜蝋14

裏は、ベチャベチャを洗い流したらこんな感じで、余りキレイになりません。


蜜蝋15

最後に残ったこの液は、分蜂待ち受け箱の内部に刷毛で塗りたくります、そうするとみつばちが匂いに釣られて集まりやすい様です。

蜜ロウからはハンドクリームやリップクリームが出来る様ですので、徐々に研究したいと思います。



ブログランキングに参加致しております
1日に1回下記のバナーをクリックして戴けると嬉しいです


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ



コメント
この記事へのコメント
おはようございます
ミツロウ欲しいです!

いらなかったら分けて欲しいです!
2016/05/11(Wed) 07:24 | URL  | タッキー #-[ 編集]
ボクも少し欲しいです。
何かの時にまた分けてください。
2016/05/11(Wed) 09:07 | URL  | いわなたろう #-[ 編集]
タッキーさん !
あげますが、どんな用途で、どの位要りますか ?
2016/05/13(Fri) 09:27 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
いわなたろうさん !
あげますよ ーー
少しで良いの ??
2016/05/13(Fri) 09:29 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
おはようございます
ありがとうございます
自分は家具?ってか木の小物に塗ってみたいと思っています。

どの位いるか分かりませんが、けばりさんのご都合で巣のかけらみたいなのを分けていただければ、自分で作ってみたいなぁ~とも思っています。

ご都合のいい時にでも分けて頂きに伺います・・・
2016/05/22(Sun) 07:43 | URL  | タッキー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。