南信州の 渓流フライフィッシング釣行記と、TK家のゆる~い生活を気ままにつづります。 酒呑みブログなんて言わないで下さい。   (全ての写真はクリックすると拡大し、再度クリックすると元に戻ります)  
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イワナ寿司
2009年06月10日 (水) | 編集 |
う゛ぁぁ ~~ !!
この記事で、お友達を半分は失うなぁ ~  (悲)

スシ1

けばりは 「なるべくキャッチ&リリース」 派です、
なるべくリリースしようと考え、特に 『ここから持って帰ったら、再生が難しい、種の保存が難しい。』 という様な場所では、キープしない様に心掛けています。

けばりは、昔からの釣り好きジジィで、元々はリリースすると言う発想自体がありませんでした。 むしろ釣る楽しさと食べる目的が半々で、子供の頃は食べるのが目的で、どじょう、鮒、アカウオなど雑魚を捕っていました。
時代の移り変わりも理解できますし、リリースの有効性も疑っておりませんので、だんだんリリースする様になり、今では殆どリリースしますが、まだまだ、たまに食べることがあります。

でも、どうか、「まぁ、昔っから釣りをしている、60歳に近いジジィなんて、こんな程度だ。」「場所と状況を考え、リリースしようと努力しているから、しょうないか。」 とあきらめて、お付き合いを続けて戴ければ嬉しいのですが、ダメでしょうか ?

そんな訳で、今回は初めて渓流での イワナ寿司 に挑戦です
ん ~~  ダメだ コリャッ  と言われそう (汗) !!

【続きを読む ・・・・ 】


スシ2

05/30  午後から雨降りとの予報だったため、入った川は何の工夫もないお手軽な川で、川沿いには道路が走っています。


スシ3

渓相もすばらしく、水量もちょうど良いのですが、死の谷の様で、魚の気配が全くありません。


スシ5

フミちゃんは赤いリュックに、すし飯の材料を背負ってきました。
それにしても、けばり達の 『喰らうぞ 殺気』 が伝わっているのでしょうか、全然反応がありません。


スシ4

この場所で ・・・・
ゔをぉぉ ~~  アマゴ 24cm ダァー !!
あ゛ぁぁ ~ 合わせ切れ !!   ふぅぅ ~
良く見えていません、もしかしたら、イワナだったかな ???

半分あきらめムードでやっていたので、心の準備が出来ていませんでした。 それに出方が一瞬だったので、ついつい大合わせしちゃった (泣)
いつもの通り、「逃げた魚が何で 24cm ってわかるんだ。」 と言うツッコミはご遠慮下さい。


スシ7

それから、暫く釣り上がって、イワナ君 22cm 位かな。


スシ6

けばりは 1匹しか釣れていませんが、フミちゃんは 5~6匹 釣っているようで、サスガです。


スシ8

おおっっと、イワナ君 26cm くらい。


スシ9

さぁ、お待ちかね、 『けばり寿司』 開店です。
今まで渓流で、お刺身は食べましたが、寿司は初めて。
メシ炊き男 フミちゃん は、 レトルトパック のご飯を温めています。


スシ10

けばりが釣った2匹が犠牲になります。
イワナさん、ゴメンなさい、いただきます。


スシ11

小出刃に、まな板、ワサビのお刺身セット。
お醤油は 『丸大豆醤油』 用意万端です。


スシ12

お腹をさいて、皮をむきます。


スシ13

そして、三枚におろして、お腹の脇の骨を取れば、下ごしらえ完了です。 
『けばり寿司』
 の大将は、腕が今一ですが、何とか格好が付きました。


スシ14

メシ炊き男 フミちゃん は、スシの元(名前忘れた)を入れて、必死の形相 で混ぜています。
ん ~~ 、寿司飯も良い具合になった、さぁ握るぞ !!

指でチョイチョイと思っていたケド、以外に難しいなぁ 、
なんか、 細長いにぎりめし だネ ・・・・  まぁ、イイか !


出来た、さぁ 食べましょう 

スシ15

(゚Д゚)ウマー ! (゚Д゚)ウマー ! (゚Д゚)ウマー ! 
(↑ 有るブログの パクリ です)

何という旨さでしょうか、コリャ もう、最高の贅沢だね。
犠牲になった イワナさん、アリガトウ 感謝致します。


スシ16

ご馳走の後、本日の目的の大部分を果たしたためか、気合いが入りません。
ここでは幾分反応があったようですが、フッキングせず。


スシ17

堰堤下も空振り。


スシ18

堰堤上は更に渓相が良いのですが、全く反応がありません。


スシ19

もう、イイか、帰ろう ・・・・


スシ20

何という花でしょうか、結構 キレイ


スシ21

とある、工場の門の横にお花畑が ・・・・
今日は、この工場横辺りで釣りました、
           全くの 軟弱釣り師 です (恥)


スシ22

シャクヤクだか、ボタンだか、知らないけど、キレイです。


スシ23

イワナ鮨を思い出したら、おっと ヨダレが ・・・・


スシ24

ハルシオンの花の上で、虫が ヤッテ います。(なにを ?)

キャッチ&リリースの問題は色々な考え方があり、それを実行する事は、大変良い事だとは思いますが、節度を持ちつつ、たまには少し自分に率直に楽しむ事も決して悪くは無いと、けばりは思います。
もう一つ、魚にとって、釣られると言う事だけで大変な虐待だと思います。 それを私たちは自分の欲望と娯楽のために続けていますので、魚が傷まない、残存に有効なリリースの仕方は、有ると思いますが、それはまた釣りたいという自分のためであって、『魚に優しいリリース』 等とは、けばり は言いたくありません、いつも、お魚さんゴメンナサイ です。

自分の価値観を人に押しつける気持ちはありませんし、人の価値観に流されるのもどうかなと思います。 また、違う価値観の方を排除したり、釣方で見下した様な発言は悲しいですネ、お互いが認め合ってお付き合いが出来れば嬉しいと考えて居ります。

同じ罪深い釣り人でしょう !!  
まぁ  半分は誘惑に弱い自分の言い訳ですが ・・・・


・・・・ という訳で、今回は欲望丸出しの けばり でした。

テーマ:フライフィッシング
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
いや~山の中で寿司すか♪

リリースの話しは個々のお考えがありますので触れませんよ(へへ)
あたしは高校時代からリリースしてましたが~流石に52センチの化け物岩魚が釣れた時は速攻で原チャリで自宅まで持ってきました・・・(脂)
今は亡きオヤジが近所の人と刺身で喰ってた~
2009/06/10(Wed) 20:39 | URL  | たか #SFo5/nok[ 編集]
い~@@
「いわな寿司」は釣り人の特権ですよ^^

・・・食べたことないけど
2009/06/10(Wed) 20:52 | URL  | tomo #zbT7meO.[ 編集]
すし~
毎度です
C&R区間でなければ、持って帰って食べようが、すしにしようが自由だと思います
リリース≒虐待 の理論も良く耳にしますが・・・
それ以前に
「何の為にリリースするのか?」
「リリースさえすれば良いのか?」
そこら辺を良~く考えてリリースしなければ意味が無い行為だと思ってます
ワタクシは‘持って帰るのがメンドクサイからリリース派‘ですけどね・・(汗)
2009/06/10(Wed) 21:36 | URL  | 飛島 #a2H6GHBU[ 編集]
たかさん !
偉そうな事は言いません。
誘惑に弱く、より良いと言うことを徹底できない
自分の言い訳です。
52cmですか、言葉がありません。
2009/06/10(Wed) 21:54 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
tomoさん !
釣友のフミちゃんと「いつかやってみたいね。」と
昨年から話していました。
2009/06/10(Wed) 21:58 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
飛島さん !
ルールという観点では問題ないですが、感性とか、価値観の領域で、許すことが出来ない方がいらっしゃると思いますが、仕方がないと思います。
良いことだとは思っていませんが、特別悪いことだとも思っていません。
2009/06/10(Wed) 22:10 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
はじめまして
私も時々、釣れた魚を食べます。 
小学生の頃、父の網漁に連れて行かれた私にとって魚は食べ物ですが、昭和の頃の様に魚が捕れない今では、リリースすべきだと思っています。
 でも、地元の餌釣りのおじいさんを見ると、
子供の頃からず~っと当たり前に釣った魚を食べてたんだろうに、他所者の釣り人が増えてC&Rが
できたりするのは納得できないんじゃないかな~と考えたりします。
 (海辺で育った私はどこの渓でも他所者です)
2009/06/10(Wed) 23:34 | URL  | 第三共栄丸 #pHpwU5HQ[ 編集]
第三共栄丸さん !
コメントありがとうございます。
理屈抜きに C&R が実行できればその方が良いのでしょうが、反対に、都会から来る仲間が年券まで買って、全て C&R で、その後を地元の人間が 20匹、30匹 平気で持ち帰っています。
お魚が可愛そうと言う優しい気持ちもすばらしいのですが、漁協の放流で維持している区間は、もう少し気楽に楽しんでもイイかなと、個人的には思っています。
2009/06/11(Thu) 00:17 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
こんばんは

私は、渓流では、完全なるリリース派ですが、
管釣りのイワナは、たまぁに持って帰ります。(笑)
それにしても、イワナ鮨も美味しそうじゃないですか。
子供の頃は、小さいオショロコマを佃煮にしてよく食べてました。
でも、完全なるヤマトイワナは、
なるべく食べないで欲しいと思う私です。
しかし、美味いかどうか、一度食べてみたいような・・・(苦笑)
2009/06/11(Thu) 01:33 | URL  | hajihadu #uCwprx96[ 編集]
美味しそう
2009/06/11(Thu) 17:24 | URL  | キララ #-[ 編集]
hajihaduさん !
私は基本的には、普段ヤマトだ、ニッコウだ、と差別したくないと思いつつ、やはりヤマトが釣れるとよけい嬉しくなっちゃいますね。
食べたこと無いけど、たぶん味は一緒でしょう。

2009/06/11(Thu) 20:18 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
キララさん !
以前、2回ほどお刺身を食べましたが、寿司の味は格別でした。
シャリがベタついて、握りが殆どニギリ飯状態でしたが、お店の高級寿司より美味しかったです。
2009/06/11(Thu) 20:26 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
自然はいいですね
こんにちは

綺麗な所ですね
マイナスイオンをたっぷり浴びて食べる新鮮そのもののイワナ寿司は最高でしょうね

 地元の川では放流して釣り大会などして皆さん持ち帰っていますよね
2009/06/12(Fri) 08:45 | URL  | きき #-[ 編集]
ききさん !
釣り大会の魚は、逃がすなんてとんでもないという世界です。

今回の件は、ルール違反ではありませんが、出来ればなるべく、リリースの実行をしたいと考えています。
2009/06/13(Sat) 01:34 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
こんにちは、初めまして!
偶然に開いたこのブログ、子供の頃、生家から川まで2~30mで同じような体験をしてきたことを思い出し楽しく拝見いたしました。
また、考え方も似たようなものがあり、キャッチ&リリースを心がけています。
釣友にも浸透してきていますが、自分たちが、食べる分だけ持ち帰るのは良いですよ!といっています。
キッチリ始末してくれるなら!
如何せん私は、渓魚より鮎の方が美味しいなぁ~
と思っていますからすべてリリースです。
でも一度刺身にして食べた事が、ありますがこれは
絶品でした!”
時季、サイズ、場所が、合えばまた食べて見たいなぁ~と思いますネ!

もう一つ懐かしく思います。・・・このランディング
友人と2人で驚きました。
元気に活躍してくれているようです。

このブログ大変楽しく拝見いたしました。
リンクをさせて頂ければと思います。
宜しくお願いいたします。


2009/06/14(Sun) 18:31 | URL  | man #-[ 編集]
manさん !
コメントありがとうございます。
以前ヤフオクでネットを譲って頂いた方ですか ?
たしか、家具屋さんの ・・・  違っていますでしょうか。
今度は紫のネットにしたいのですが、張り替えなんか出来るのでしょうか ?
リンクの件はこちらこそお願いします。
アユは難しそうで釣ったことがありませんが、喰うのは好きです。
2009/06/14(Sun) 20:34 | URL  | けばり #E/G/GWKo[ 編集]
こんばんは。

ハイ、元家具塗装屋です。
親父の他界を切っ掛けにやめてしまいましたが!
それで、工房名も変わっています。

勿論、張替えは出来ますが、黒、オリーブ、白に
近いアイボリーの三色だけの持ち合わせで生憎
紫はございません。m(_ _)m

リンクをさせて頂きました。
此れからも宜しくお願い致します。
2009/06/15(Mon) 20:13 | URL  | man #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。